査定は無料でできる

家実際に家を売る場合や、家を売ることを検討している場合、まず不動産売却の相場を調べるようになるでしょう。
相場の調べ方と言えば、不動産屋に査定を申し込む方法が一般的です。
しかし、不動産屋に査定の依頼をすると、査定額が不満でも、実際に売らなければいけなくなるのではないか、しつこく営業担当者が来るのではないか、電話連絡やチラシの投稿が増えるのではないかと思う人もいるでしょう。

不動産売却の査定にかかる費用

売るか売らないかはその人の自由なので、査定を行ったからと言って、必ずしも売らなければいけないということはありません。また、査定は通常無料なので、一切お金を取られることもありません。ただし、念のために無料であることを確認しておくとよいでしょう。電話連絡やチラシの投稿は、絶対に行わないでほしいと念を押しておくか、絶対行わないと記載されている不動産屋を選ぶべきです。

まだ売るか決まっていないので、不動産屋は使いたくないという場合には、国土交通省の土地総合情報システムを利用するのがよいでしょう。都道府県や市区町村などの住所を入力していくことで、大体の相場を確認できます。もちろん料金を取られることは一切ないので、安心して利用することができるでしょう。

 

時間をかけて調査

家を売る際に重要な相場は、時間をかけてじっくりと行うべきです。これは自ら調査をするのに時間をかけるということではなく、業者選びを慎重に行い、情報収集をしてから査定をしてもらうという意味になります。不動産屋も1社だけではなく、複数の不動産屋に依頼してもらうべきでしょう。そうすることで平均的な相場がわかるようになるのです。査定額に納得がいかない場合には、依頼を断りましょう。

パソコンいろいろな不動産屋に査定依頼をすることで、社員がどのように動いているのか、どのような調査にどれぐらい時間がかかるのかという点もわかるようになります
そうすれば多少不動産屋の良し悪しも見分けられるようになるでしょう。
通常相場を出すにはある程度時間が必要になります。
そのため、相場を知りたい場合には、ある程度時間に余裕を持っておくことが大切です。(参照:不動産売却メモ

業者選びはインターネットで情報収集を行うのが定番ですが、できれば実際に家を売ったことがある友人や知人に聞くのがよいでしょう。実際に家を売る経験をした人の言葉であれば、より信頼できるのは確実です。どのように不動産屋を決めたのかも聞くことができるので、最もよい方法だと言えるでしょう。しかし、このような人が都合よくいる可能性は低いので、インターネットで調べるようになります。

高く家を売る方法

家を売るときには、注意するべきことがいろいろとあります。特に相場を調べておくことが重要なのですが、初めて家を売る場合には、どのように調べればよいのかわからない人が多いでしょう。不動産売却相場の主な調べ方としては、国土交通省のサイト内にある土地総合情報システムというページを参考にする方法があります。国土交通省のページなので、信頼性も高いのですが、注意するべきこともあります。それはおおよその金額が書かれているという点です。

電卓ようするに正確な金額ではないので、実際に家を売るとなったときには、誤差が出てしまうこともあります。
よって国土交通省のサイトを利用する場合には、あくまで参考程度にしておくのがよいでしょう。
本格的に家を売ることを検討するのであれば、やはり不動産屋に査定してもらうようになります。
不動産屋なら安心できるのかというと、決してそうとは限りません。
なぜなら依頼する不動産屋によっても、相場が変わってしまうからなのです。

場合によっては同じ不動産屋であっても、担当者によって多少誤差が出てしまうこともあります。実際の相場よりも高く査定をしてくれればよいのですが、大半の不動産屋では、実際の相場よりも安く査定することが多いでしょう。だからこそ複数の不動産屋に査定をしてもらう必要が出てきます。そうすればどこの不動産屋が最も査定額が高いのかが分かるので、そこに依頼すればよいでしょう。当サイトでは家を売るときの相場の調査や注意点について紹介させていただきます。


参考サイト > 不動産売却情報 – 高く家を売る研究